読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識の強いブログ

たまに読んでください

哲学は役に立つのかまじめに考えてみた

以下は出来の悪い中二病者の書いた文章です。

部屋を明るくして、離れて読みましょう。

(*長いです)

 

 

 

「哲学って何の役に立つの?」これは茶化さずにはいられない問い。

 

「高みを目指せば出す拳の見つからねぇケンカもあるもんだ」

ワンピースってホントいい漫画だよね(これはもちろん茶化してないヨ)

 

でも今日はちょっとムキになってみたいんだ。カタルシスや!

ドゥルーズ=ガタリも言っていたではないか。

哲学の偉大さは何の役にも立たないという点にある、という答えはもはや若者さえ面白がらせない粋がりである、と。

 

西田『善の研究』の序文にある最後の一文が好きなので引用させてくださいね。

「思索などする奴は緑の野にあって枯草を食う動物の如しとメフィストに嘲らるるかも知らぬが、(中略)一たび禁断の果実を食った人間には、かかる苦悩のあるのも已むを得ぬことであろう。」

 

文化祭の準備つまんねえなあ...と思っていたら仕切りたがりの女子たちに「ちょっと!ちゃんと協力してよ!!」と怒られた経験のある人間なら誰しも思索から逃れることはできないのだ。

「ひとはただもう、哲学したくてたまらなかった。」

 

哲学にはこんなありきたりな馴れ初めがある訳ですから、哲学は浮世離れしてるなんて非難はバカヤローだっつってんです。バカヤロー!

(哲学を初めての情事と呼んだ人まであったのです…………オタクすぎる)

 

哲学が最も時流に敏感なミーハーオタクたちによって推し進められてきたことは、ファシズムの出来に西洋の暗い運命を予感した20世紀の思想家たちを見ればよくわかりますね?

 

そして哲学者はまた常に未来に対するまっことブラボーな炯眼を持っているもんです。

例えばオルテガ第二次世界大戦の始まる前にヨーロッパという単一共同体の必要性を訴え、晩年のフーコーマッキントッシュが世に出るか出ないかといううちから管理社会の到来に警鐘を鳴らしていたのでした。

 

誇張すると(!)、哲学者はあまりにもマイナーだったゆえに、いつだって長いものに巻かれ得なかったのです。

お父さんにいつまでもダダをこねることが許されるのはまさに哲学の特権であった。

 

だから哲学が人生ポエムみたいなつましい役割を与えられて本屋の窓際に並べられている光景は涙を誘わずにはいないのです。

(おい、お前だよお前。なーにが11歳の天才哲学者、学校にはちゃんと行きなさい!)

 

けど哲学って実際役に立ってなくない?

 

そう、哲学にできることは声を上げることだけ。これはソクラテスの時代からの決まり事でした。

哲学者が政治をする、あるいは控えめに皇帝が哲学をする。もしくはどこかのマルクス主義者のように万人-哲学者を夢見る...

かわいそうなマルクス・アウレリウス

 

しかしロバの耳を持った風変わりな人は哲学者の話に耳を傾けるのもよいでしょう。

 

ここまで読んでくれた人は「結局最初から最後まで茶化してんじゃねえか!!」って思っただろうな。でもそんなあなたにもロバの耳が…………

「怪物と闘う者は、その際自らが怪物と化さぬよう心せよ...」

 

「深淵をのぞくとき、深淵もまたこちらを見返しているのだ」

 

-おわり-

偽善論駁論

これは敗北を運命づけられた戦い...

 

昨日3月11日は東北大地震からちょうど6年ということで、某検索エンジンで3.11と検索するにつき10円が某社から被災者の方へ寄付されたようでした。

 

こうなるとだまっちゃいないのがTwitterのお歴々である。

何々?自分の思い付きのように喧伝なされた挙句、事後には「皆さんありがとうございます!!××円の寄付が集まりました!!」

 

ヴォイ、てめえの手柄じゃねえぞ...ぼかあこういう人の褌で相撲を取って承認欲求を満たすやつが大嫌いなんだ。ルサンチマンなんだ。

身銭を切って承認欲求を満たすならもう何も言わんよ、ポッキーの日に好きなだけポッキー買えばいいいさ。

 

しかし彼らが解き放った刺客はあまりにも明け透けだったがゆえに最強の狡知を兼ね備えていたのだ...

「やらない善よりやる偽善」なんという美しいフレーズ。

 

この道徳律...一億総デカダンな日本社会において、彼らの頭上に燦然と輝くこの道徳律。これにぼくは一矢報いたいのだ。

 (※自意識強いマンは自腹で寄付してません。してないけどぎゃふんと言わせたいのだ)

 

【定理】

「やらない善よりやる偽善」はダブルスタンダードである。

 

【証明】

彼らの言い分はこうである。「偽善でもやったらみんな幸せになるからいいじゃん」

 

そういえばハロウィンの時に心斎橋でバカ騒ぎしてる連中も言っていました。

「みんな楽しんでるからいいじゃん」

みんなが楽しんでたら問題にならないんだよバカもおおおおおん!!!

 

みんなというのは非常にあやしい言葉です。オケラやミミズがみんなに入ることもあれば、肌の黒い人はみんなに入れてもらえないこともあったのです。

 

みんな幸せになる、のみんなって誰だよ。ここに巧妙な罠がありました。

まったくふてえ野郎だぜ...

 

【抱負】

今年のハロウィンはぼくも楽しみたいです。

最近気になるアイツの話

これは、就活しないと固く決心すればするほど就活のことが気になって頭から離れなくなったパラノイア患者...もとい大学生の話である。

 

昨日バイトのために京都に行きました。

そしたらいました、リクルートスーツに身を包んだ命知らずな義勇兵がわんさかと。

軍隊アリみたいだ。「就活生は月から見える唯一のアリです...」

 

いやはや俄かに就活の話で世界は持ちきりになってしまいました。

もう誰も『君の名は』の話してない。

勇壮な義勇兵に君の名は?と聞いたら大真面目に冗長なエピソード付きの自己紹介をされそうである。

 

これまでは「働きたくないでござる~~w」って感じだったのに、

ここ数日で「マジで無理だパトラッシュ...」ってなってしまったのであります。

 

就活解禁に先立ち心の御社、実家に帰ってきました。

読書とは反社会的行為である、とはよく言ったもので帰省してからというもの本ばっか読んで現実逃避しているのです。

ニーチェ予備軍...いやニート予備軍

 

Q.社会に適合できない場合どうすればいいですか

A.うだつの上がらないオタクに甲斐性を注入するカンフル剤=ガチ恋をしましょう、さもなくば...

 

さもなくば?ぼくはどうなってしまうんだ。

発狂してトラになって、木の周りをグルグル走り回ってバターになって、パンケーキに添えられる?それはそれで人の役に立てていいかもしれない...

 

リクラブできたら就活も俄然やる気になると思います!しかし、、、

就活する←リクラブする←(リクラブするには)就活する←(就活するには)リクラブする...

恐るべきウロボロス

 

運動神経が悪すぎて大縄に入れなかったころを思い出すぜ。

しかし大縄跳びで一番怖いのは縄から出るときなのであった...

 

本日の教訓:大縄は回す側になりましょう

 

 

 

 

私が出勤イップスになった日

赤井英和のようにまじめにやってきた私がここ3日で2回バイトをすっぽかしてしまいました。

 

バイトすっぽかしたのなんてシフト表の見方わかんなかった新人の時以来なんですけど。

 

幸い職場はゆる~い雰囲気なので怒られることはなかったんですけど、「これ自意識強いマンさんの時間割ね」ってわざわざカラー印刷してくれた紙を見ると全く記憶にないシフトがちらほら。

 

なんじゃこりゃアア!?

松田優作になっちまいましたよ。

 

ぼくはこれまで手帳なしでも2、3ヶ月分くらいの予定なら把握できてたんだけどな(暇なだけ)。

 

もしかして地球の暮らしに興味津々な宇宙人に2週間くらい連れ去られて入れ替わられた挙げ句、記憶を改変されて元に戻されたのか!?

そんなことも考えました。

ついでに鼻とか少しいじっといて欲しかったな。

 

昨日はちゃんと出勤できたんだけど、向こうでシフト見たら知らない授業が入ってて、

「こんな人の授業ありました?」

「すいません、ミスです!!」

最近何かがおかしい。

 

些細なことから日常生活に違和感を感じた自意識強いマンは自身がパラレルワールドに迷い込んでいることに気づく。

小説書けそうじゃないですか。

 

うーん、大変だ…………

 

…………手帳買おうかな。 

 

今日は早めに寝るぞい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネ買いました

メガネ買いました。

なんかこれ開設以来最もブログっぽいタイトルではないですか?

 

つーのも今日は朝からあぁぁぁぁぁぁあんなに早起きして免許の更新に行ったのに視力検査で不合格になってしまったのです。南無三!!と思って勘でやったけど0.4でした。寝起きで冴えてなかったなあ。

全然分かんなかったけど気取られぬように自身満々を装ってやってたら「なんか今日調子悪いっすね(初対面だろ)。遠く見てちょっと休憩しましょうか。」って言われたよ。

 

おれっちってば人より優れてる点といえばブランコに乗って靴飛ばす競技と視力だけが自慢で、なんか視力いいキャラみたいなのを自負すらしていたというのに大学3年間の内に落ちちゃってたんだなあこれ。

 

大学入ってから視力検査やってなかったからずーっと自分は目がいいんだと思ってたけど、思えば教授の板書とか読みにくかったんですよね。

なんだこの教授はァ!?字汚いし筆圧低すぎやろ!!と思っていました。ごめんネ

 

まあとにかくjinsとかいう激安メガネショップでメガネ買ってきましたよ。

なんかすごい視力測定器で視力で視力等々測ってもらうと(ぼくの知らない間のこの業界もすごい進歩していたようです、やるじゃん)、

 

「お客様のご要望ですと、このレンズがぴったりかと」

裏から取ってきたレンズをスチームパンクゴーグルみたいなイカしたやつに装着すると、かけてみろといいます。

 

(あんま変わった気がしないけど)

「これでお客様の視力は0.9です。免許の更新に必要な0.7もクリアしていますし、運転用に遠くがよく見えるようなレンズとなっております。」

おいおい妙に頼もしいな。鍛冶屋のおやじのような信頼感を感じました。

 

そしてフレーム選びですよね。ぼくはハロルド・ロイドのような丸メガネが好きなので若かりし頃の井伏鱒二なんか想像して悦に浸ってたんですが、全然似合ってなかったみたいです。

 

母さまに無難なやつを選んでいただきました。

 

これで明日から星野源...じゃなかった、メガネオタク生活です。

メガネかけると守られてる感じがして若干人見知りが治るんですけど、そんな気がしないですか?けっこう好きなんですよね。

 

エドガー・ダ―ヴィッツになったような気持ちで明日また免許の更新に行ってきます

だりぃ...

 

 

 

 

 

 

ガチ恋しすぎてはいけない

塾講をやってるもんですが、明日で最後の授業の女の子がいます。

明日で最後で心底ホッとしています、

なぜなら…………

 

このままだとガチ恋しそうだったからです。

 

その子は屈託なく笑う、巨乳の、ちょくちょく出る方言がかわいい(前はあんまり出てなかったんだけど、そういうところも馴れてきたのかなあとか考えると相当ツボですよね)女の子なんですが、

どうしてガチ恋したくないのかっつうと。

 

そんなほいほいガチ恋してたらガチ恋ちゃうでしょ!?!?ということですよね!?

 

・1年前もガチでガチ恋していた

・髪をそめている

・巨乳

・彼氏がいるっぽい

 

イカンイカン…………こんな不純な動機でガチ恋しては。しかしガチ恋以外の恋などしたくもなし。

 

あー純情オタクはつらいね(ここまで読んでくれた人、死ぬほど引いてるでしょうが、ここからですよ)

 

ぼくは、自分の命を一顧だにしないような、可能性が内から迸っている女の子(つまり女子高生)がそれはもう大好きなのでね、やれ化粧だ染髪だってそんなの好きになってしまったらオタクやめなきゃいかんよ。

 

しかし来る院試に備えてガチ恋したいという気持ちもあるんですよね。ガチ恋すると恐ろしく頑張れるので。

 

ぼくを知る人にとっては去年のガチ恋でぼくがどれほど人間としてマトモになったかご存知でしょう。

 

(…………ってこういう打算が一番がガチ恋からかけ離れているのでは?)

 

 

 

 

どうして女性は人の裸を見て恥ずかしがるのか

マンガなんかで女性が男の人の裸を見て赤面しながら顔を覆うシーンがありますよね。

あれってなんでなんでしょうね。

 

逆に男が女性の裸を見ても動揺するかもしれないけど絶対恥ずかしくはないじゃないですか、むしろ積極的に見たい、見たすぎる。

 

ぼくは最近よく聞く共感性羞恥ってやつなのでドッキリ番組とか恋愛ドラマとか見れないんですけど、なんかあれはそのシチュエーションに自己を投射することで恥ずかしさを感じるって話を聞いたことがあります(ホントか?)。投射された自己を外から眺める自分という構図に羞恥心を覚えるって感じですか?

 

女性が男性の裸体を見て赤面するというときにも、このような見つめ返しが起こってるのかもしれません。第三者から見たときに男のイチモツを目撃するという自分のはしたなさ(女性は清楚であれ、みたいな価値観ありますからね)に恥じらうって図式ですね。

 

自分を客観視するというのはしばしば恥ずかしいものです。自分の写真を見たり、録音した自分の声を聴いたり、昔の自分の文章を読んだりするのは時としてめちゃくちゃ恥ずかしいですよね。

 

ところでジャック・デリダが『動物を追う、ゆえに私は〈動物〉である』という本の中で飼い猫に自分の裸を見られることの恥ずかしさについて書いていました。恥ずかしいと思う自分のまなざしの見つめ返しに恥を覚えるという話です(違うかも)。

 

どうやら恥ずかしさというのは自分のまなざしが自分を見つめ返すときに生じる、ということのようです。

 

そう考えると男性の裸体に恥じらう女性というのはそれはもう

 

...興奮しますね。